経団連企業人政治フォーラム概要

2021年7月19日


1.フォーラム設立の目的

大競争時代の到来とともに、わが国は政治・行政・経済・社会全般にわたる構造改革をもとめられています。この中で、政治が単なる利害調整を超え、あるべき政策の立案・実行にリーダーシップを発揮することが求められています。

いま必要なのは、政治や政治家が、行政機構に頼ることなく、自らの政策立案機能を高めていくことです。そしてこの動きは、国民が政治に対する関心を高め、投票行動等を通じて政治に参加し、自らの意思を反映させることを通じて、より強固なものとなるのです。

そこで「企業人政治フォーラム」では96年7月以来、企業人と政治家が率直な意見交換を行う場を多彩に設けることにより、企業人の政治への関心を高めるとともに、政治家にも、経済界の実情をよりよく知ってもらうべく様々な活動を展開してまいりました。当フォーラムではより多くの企業人の声により、日本の政治を変えていくことを目指します。



2.フォーラムの主な活動

(1)

企業人と政治家とのコミュニケーションの場をさまざまな形で提供します。
与野党の国会議員など政治家を招いての講演会、懇談会、シンポジウムなど多彩な会合を開催し、政治家と企業人が率直な意見交換を重ねることにより意思疎通と相互理解を深めます。また、政治に関心を持つ多様な業種の方々との交流の場を提供します。


(2)

政治に関する情報提供を行っています。
会員専用ホームページなどを通じて、政局情報や各党の政策分析、政治家のプロフィールなどをお知らせします。また、政治に関する調査研究を行い、その結果を随時お知らせしていきます。


(3)

企業人の声を政策形成に活かしていきます。
企業人の声を政策形成に反映させるため、会員専用ホームページなどを通じて寄せられた会員の声を政治家に伝え、その政治活動に反映させます。




3.フォーラムの構成

(1)

会員

【個人会員】

経団連もしくはこれに準ずる経済団体の会員企業・団体の役員および社員・職員

【法人会員】

経団連もしくはこれに準ずる経済団体の会員企業・団体


(2)

役員

【 会  長 】 大塚   陸毅  東日本旅客鉄道顧問
企業人政治フォーラム概要
経団連企業人
政治フォーラム
会 長  大 塚 陸 毅
【代表幹事】 東      佳樹  清水建設常務執行役員コーポレート企画室長
  新沼   宏  住友化学取締役専務執行役員
  竹内   章二  第一生命保険執行役員調査部長
  宇野   充  トヨタ自動車渉外広報本部副本部長
  右田   彰雄  日本製鉄代表取締役副社長
  藤原   哲哉  パナソニック渉外本部長
  橋口   司  日立製作所業務役員常務
  村越   晃  三菱商事代表取締役常務執行役員
  植村   憲嗣  三菱電機産業政策渉外業務役員  
  宮下   裕  三菱UFJ銀行取締役常務執行役員
  久保田   政一  日本経済団体連合会副会長・事務総長
【運営幹事】 主要業種の代表企業の取締役・部長クラスで構成  
【会計監事】

小川   慎介

 東京ガス常務執行役員

  斉藤   真人  東京海上日動火災保険総務部部長

(3)

年会費

【個人会員・特別会員】 役員5,500円、社員・職員2,200円
【法人会員】 1口110,000円
(1口当たり、メンバーを25名までご登録いただけます)



4.入会状況

【法人会員】 172社 336.5口

【個人会員】 334名

【特別会員】 88名

(会員登録者総数 2651名)



【入会お申し込み・お問い合わせ】
経団連企業人政治フォーラム事務局
〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
TEL:03-6741-0153 FAX:03-6741-0302
E-mailでのお問い合わせ